金融車の買取について基礎知識を知っておこう

買取の前に

金融車を買取してもらうことが必要になった場合のメリットとデメリットについてみていきましょう。また買取をしてもらう業者を選ぶときの注意したい点まで併せて確認しましょう。

金融車の基礎知識

そもそも金融車とは?

自動車購入時にローンを組んで購入したが、そのローンが完済できないまま売買されてしまった車のことです。また、車を担保にお金を借り、返済できず担保実行されてしまった車のことも指します。現在、一般的な認識としては名義変更ができない車のことを金融車と呼ぶ場合が多いようです。

ローンが残っていても売れる

どうしてもお金が必要になり担保にいれられるものも車しかない場合、車のローンが残っていても売却することができます。通常は売買することができないローンの残っている車も金融車としてであれば売買することができるのです。またすぐ現金化することも可能です。

再び購入することも可能

金融車を売買する会社や購入する個人は正規の金融機関ではないため、一般の金融機関の信用情報には影響しません。なので金融車を1度売却してしまっても金融機関のブラックリストに掲載がないので、新しく車を買ったり家を購入する場合借り入れをして購入することも可能です。

ローンを払わずに済むケースも

金融車としてローンが残ったまま売却した際には売却後もそのままローンの返済をしていくことが必要になります。ですが返済したくてもできない場合ローンを組んだ信販会社から催促の連絡が入った時に金融車として手放したことを伝えれば買い取った業者と信販会社との交渉になりローンを踏み倒せることもあります。

ローン会社へは連絡しない

金融車として売却をしてしまったとしてもローンを組んでいる信販会社にはすぐ連絡しないようにしましょう。なぜなら金融車の売却後、残っているローンの返済を止めるためにローン会社に連絡を入れてしまうと、ローンを踏み倒すために売却したとみなされ詐欺行為にあたる可能性があるからです。そのため信販会社からの連絡を待ちましょう。

金融車の買取について基礎知識を知っておこう

ハンドル

売却時に必要な書類

金融車を専門業者に買取してもらう場合には車検証、リサイクル券、自賠責保険の3点が必要です。悪徳業者だと必要書類を確認せず買取し、後々大きなトラブルへと発展してしまう可能性があります。

注意すべきは仲介してくれるか

買取業者選びで注意したいのは販売後のトラブルに関して仲介してくれるかです。金融車はその性質上、販売後にトラブルが発生する可能性が高く、そのトラブルに業者が介入し解決までをサポートしてくれるかが重要になってきます。

ネットオークションが特に注意

最近ではネットオークションで金融車の売買を行うケースも非常に増えてきていますが、個人間でのやり取りになるため業者を通すより危険です。ネットオークションで取引をする場合は具体的な契約書を交わし、取引する相手の身元もしっかり確認するようにしましょう。

広告募集中